2015年香港国際ジュエリー ショー

 2015年6月25日から28日の4日、HONG KONG CONVENTION AND EXHIBITION CENTREにおいて開催されましたHONG KONG JEWELLERY & GEM FAIR JUNE 2015に出展して参りました。
 日本国内の景気の低迷を受け、多くの日本企業が新たな活路を求めて、今回の香港ジュエリーショーに新規出展しました。日本からの出展企業は200社をゆうに超える数となり、日本のジュエリーショーに出展している企業の殆どが出展していると言う印象を受けました。現在、日本企業は中国バイヤーを中心に多くの支持を受けており、

日本企業のブースの集客は他の国のブースよりも賑わいを見せている様に思われます。
  しかし、今回は多くの日本企業が出展し、また各フロアーに分散した事により来場者がまばらという印象であった様に思われました。6月の香港のジュエリーショーは年間で最も来場者数が少ないのですが、今回は特別少なく感じられました。現地香港においても、引き続く中国と香港の政治的な要因から、中国から香港へ来る中国人の数は激減している様で、香港の各産業の売り上げも激減している様です。その為、現地の香港バイヤーの数もかなり少なく感じられました。

 中国においても、26日上海株が急落しました。高値からすると、約20%の下落となり、人口の約15%が株式投資を行うほど株式投資がブームとなっている中国では、経済への影響力は計り知れません。
 現在、世界経済はアメリカの金利次第と言われています。アメリカが利上げに踏み出すと、新興国各国から投資マネーが流出し、新興国各国の通貨の下落、インフレを引き起こすと言われています。また、アメリカの金利の引き上げはアメリカドルの一段高を連想させるもので、原油等ドル建ての資源価格にも影響が出そうです。 

  現在、アメリカドルと原油価格は表裏一体となっている為、資源輸出に大きく依存する新興国や発展途上国への影響も大きなものとなりそうです。また、金利が上がれば株価は下がると言われています。アメリカの株安は世界株安に連鎖するやもしれません。さらに、ギリシャのデフォルトが必至という見方が強まっています。ギリシャがIMFへの返済を履行出来ないと宣言した以上、デフォルトは避けられないものとなって行きそうです。その場合世界への影響はどの様になって行くのか、今後注視して行く必要がありそうです。

 この様に現在の世界は混沌としています。我々の業界におきましても、現在の商材の高騰が適性なものなのか、天井の相場なのか冷静に考えないといけない時期なのかもしれません。実体経済とは反比例する形で商材が高騰しています。我々の業界の商材が更に上がるのか、それとも急落するのかは今後の世界情勢次第であると思われます。 
 この様な中、この度も多くの皆様にお越し頂きました。今後も更に考え、皆様に満足して頂けますよう努力して参ります。次回ジュエリーショーにおきましても、皆様とお会い出来れば幸いです。この度お越し頂きました皆様に心より御礼申し上げます。有難うございました。

 2015年3月4日から8日の5日間、Hong Kong Convention & Exhibition Centreにおいて開催されましたHong Kong International Jewellery Show 2015 に出展して参りました。
 今年最初の香港でのジュエリーショー、今年の動向を判断する上で重要な今回のジュエリーショーは、今までとは大きく流れが変わる転換期を思わせる雰囲気となっているように思われました。中国マーケットが大きく変化している。一番印象に残ったのはこの一言に尽きると思われました。先月24日に中国の旧正月である春節を終えたばかりと言う事もあり、消費のムードは低い様に感じられま

した。大きなイベントを終えたばかりの様子見と言った雰囲気であった様に感じられました。
 しかし、中国経済が急速に低迷している最大の理由は、共産党の綱紀粛正いわゆる贅沢禁止令が大きく影響している様です。官費の無駄遣いや官官接待、贈答行為などを厳しく禁止し、汚職摘発に力を入れると言う政策で、官民関わらず贅沢行為が大きく制限されている様です。これにより、高額品全般の消費が大きく低迷して来ている様です。また、習近平政権は5日の政府活動報告の中

で、腐敗分子を厳しく調査、処罰すると宣言し、更なる贅沢行為の取り締まりを強化し、反腐敗運動を徹底する方針を示しました。加え、以前よりお金の移動のチェックも厳しくなり、送金の限度額が以前よりも少なくなっている様です。これらの事は我々の業界にも大きく影響し、今回のジュエリーショーにおいて、中国人バイヤーの高額品の購入意欲は以前よりも少なかった様に思われました。しかし、高額な商品が全く売れないと言う訳でもなく、希少価値のある商材、クオリティーの高い商材の購入意欲は高かった様に思われました。アイテム別に見ると、以前に引き続きエメラルド製品の売

れ行きは良かった様に思われました。しかし、エメラルドの価格が高騰しており、今後どこまで高くなるのかを懸念される声が多く聞かれました。 
 ただ、他の国のバイヤーの方々は購入意欲が旺盛で、今回は特にアメリカのバイヤーの方々が目立っていました。現在のアメリカ経済は緩やかに回復してきており、雇用や失業率の改善も急速に回復し、原油安の恩恵で個人消費にも弾みが付いて来ている様です。また、世界の投資マネーがアメリカに集まり始めています。現在のアメリカの株価や為替の動きを見ても明らかで、6日のニューヨ

ーク外国為替市場ではドルが買われ、1ドル121円台と3カ月振りの円安水準となりました。これらを背景に消費は堅調で、宝飾品なども売れ始めている様です。 
 台湾やASEAN諸国のバイヤーの方々も勢いがあった様に思われました。今までの香港ジュエリーショーは中国の方々が中心で、その売上も殆どが中国の方々であったと言っても過言ではありません。今後、香港をハブとしたマーケットがどの様に変化して行くのか、この過渡期をどう捉え、今後の対応が急務であると痛切に感じた今回のジュエリーショーであった様に思われました。
 

 
 
 その様な中、今回お越し頂きました皆様には心より御礼申し上げます。次回、更なる変化を皆様にご覧頂ける様、当社と致しましても努力して参ります。次回、香港ジュエリーショーにおきましても皆様にお会い出来ます事を楽しみにしております。今回お越し頂きました皆様、誠に有難うございました。

2020AUGUST
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業時間
10:00 ~ 19:00
休業日
 
展示会
EnglishJapaneseChinese
Language