2011年香港国際宝石製造業者展覧会

 2011年11月24日より27日の4日間で、Hong Kong International Jewelry Manufacturer's Show 2011が開催されました。
 今回はギリシャだけではなく、PIGS(ボルトガル、アイルランド、ギリシャ、スペイン)に足を引っ張られる形でユーロ圏全体での更なる景気低迷、またアメリカにおいても景気改善の打開策が見えず、これら各国において貿易輸出拡大の為、自国通貨引き下げ競争が行われており、日本だけが取り残され1ドル75円と言う超円高状態でジュエリーショーがスタートしました。

 頼みの綱である中国も10月から上海などの不動産が20%下がり、それに伴い株も下がるなど雰囲気は良くなく、宝石貴金属だけでなく様々な物に対する消費も下がっている様で、銀行の金利を下げる等中国のバブルも少し弾けつつある様です。それに加え最近では中国より通貨の持ち出し制限が厳しくなり、現金では1人US$10,000、海外送金は1人年間US$50,000となる等、海外に仕入に行く中国バイヤーにとって条件の悪いものとなりました。その為多くの中国バイヤーより、「今まで見たいに多く仕入はできない」と言う声が聞かれました。
 その様な悪条件の中で今回のジュエリーショーと言えば、1年間の内で一番小さい

と言う事もあり余り来場がないと思われていましたが、会場がオープンするなり、かなりの数のバイヤーの皆様にご来場いただきました。ただ、現在の様な経済状況ですので今までと求められる物が違い、日本でも起きている現象ですが俗に言う「カタイ 」物を求められている様でした。 今までは中国のバイヤーが中心でしたが、今回は様々な国のバイヤーが見受けられた様な気がします。
 2日目以降は会期時間が19時30分までと言う事もあり、ユーザーの姿が多く、自分用の買物を楽しそうにされている様でした。今回のジュエリーショーはとてもゆったり

として他の見本市とは違い、まさにジュエリーショーと言った印象を受けけました。
今までは中国バイヤーを中心に業界全体も動いていましたが、今後は中国も含め世界的な不況に向かおうとしており,その中で次をどの様に捉え、動いて行くかがとても重要だと強く感じた今回のジュエリーショーだった様に思います。
 今後とも、皆様に新しい状況を逸早く捉え 、情報や商品をご提供させていただける様努力して参ります。次回ジュエリーショーも是非ご来場下さいませ。 この度この様な状況にも関わらず、ご来場いただきました皆様、誠に有難うございました。

2020NOVEMBER
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
営業時間
10:00 ~ 19:00
休業日
 
展示会
EnglishJapaneseChinese
Language